まとめるZ


8%であった。保釈率は、地裁で32.0%、簡裁で16.7%であった。 国選弁護人の保釈報酬は「保釈請求をし、保釈許可を得て、被告人が釈放された場合」に1万円である。 弁護人が保釈を請求したが裁判所が保釈請求を却下した場合には、保釈請求に報酬はなく0円である。 弁護人が保釈許可決定を得たが家族が保釈
16キロバイト (2534 語) - 2024年2月25日 (日) 01:24

(出典 i.ytimg.com)


こんな重大な犯罪を犯した人間が、なぜ即釈放されるのか理解できない。法の公平性を疑ってしまう。


人気ブログランキング
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
guest
▼PickUp記事